日日食堂の水出しコーヒー

日日食堂で使っている水出しコーヒーのこの器械、 ずいぶんと昔に閉店した喫茶店から引き取られ、長らくインテリアとなっていました。

この器械では、8時間かけてゆっくりと水を浸透させて濃厚で香り高い珈琲を抽出します。

食堂をはじめた当初はサイフォンで珈琲を淹れていましたが、試しにこの器械を使ってみたところ、同じ珈琲豆でも雑味がまったく抜けてとても美味しい珈琲ができました。

水出し珈琲器は挽いた豆をしっとりと水分を含ませてから抽出します。珈琲豆ももちろんですがその水分の含ませ方で各人作り手による味の個性が出るのがとても面白いところです。

最近、僕も豆と対話が出来るようになってきたので水出し珈琲をセットするのは毎日の楽しみなのです。