理想のコーヒーの味

日日食堂で目指している珈琲の味は、かつて京都にあったCafe Riddleさんの珈琲です。僕は昔先斗町で自分でバーをしていて、その頃よくRiddleさんに通っていましたが、マスターの中島さんにいくら聞いてもその美味しい味の秘訣を教えてくれなかったので、その中島さんがかつていた原宿のアンセーニュダングルさんに行って、マスターに伺ったところ、使用されている珈琲豆とコツを快く教えていただきました。

どちらのお店もネルドリップで珈琲を淹れていましたが、にちにち食堂は食堂という性質上、まとめて落とせる水出し珈琲器となりました。

ゆっくりと作る感じ、僕たちのイメージする食堂にとても似合っているなあとおもってます。

僕の憧れの味Riddleさんの珈琲にはまだまだ到底及ばないけれど、常に志は高く、食堂なんだけれど珈琲にも一生懸命でありたいなあと、そんな風に考えています。